脳の衰えはDHAの摂取することで抑えることができる

頭を良くするにはDHA摂取と勉強時間が大事です

DHAは海馬の働きを助ける効果がありますが、しかしそれを摂取するだけで頭がよくなることはありません。DHAにはその働きを高める効果しかありませんので、海馬の働きが100%な状態で勉強することで通常よりも物覚えがよくなり、試験などといったときには大いに役立てることができます。

学習能力を高める成分

死滅した細胞は元に戻すことはできない

DHAは脳細胞に直接働きかける成分ではありますが、死滅した細胞を復活させることはできません。しかし、死滅していく細胞を防ぐ効果はあります。そのため、常に若い頃から継続してDHAを摂取し続けていれば多くの脳細胞を維持していくことも可能なのです。

知能指数は赤ちゃんの頃から差が出る

赤ちゃんは毎日ミルクを飲むことで成長していきます。そのミルクが母乳であるか、粉ミルクであるかで知能指数には影響が出てきます。母乳にはDHAが含まれているため、基本的に母乳で育った赤ちゃんは知能指数が高いと言われています。

日本でのDHAの始まりは1989年

当時、DHAに関する研究で有名であったイギリスの博士の方が「日本人の子供が頭いい理由は魚を食べるから」と発表したことが原因で一気に広まりました。発表から間もなく30年ほど経過するところですが、現在においても脳細胞の活性化のためにはやはりDHA摂取が必要であることに変わりはありません。

脳細胞活性化に支援するDHAサプリメント

どこからでも購入できるようになったサプリメント

DHAを魚からの摂取のみというのであれば、毎日の摂取は難しいのでしょう。しかし、DHAサプリメントがあれば、毎日一定量のDHAを摂取することができます。摂取する場合は多すぎても少なすぎてダメなので、どの食べ物にDHAが含まれるかなどを把握しておきましょう。

ネットを使って安くて人気の高いサプリメントを選ぶ

DHAサプリメントを購入するのであれば、多くの情報が得られるネットでの購入が良いでしょう。ネットであれば、それぞれの商品に対してのレビューや評価、価格なども他商品や他のショップとの比較も容易にできるため、安くて評価の高い商品を簡単に見つけることができます。

サプリメントを購入する場合に注目すべきところ

数多く販売されているDHAサプリメントはそれぞれの値段も違えば、当然そのサプリメントに含まれるDHAの配合量も異なります。厚生労働省では、1日の摂取する量の推奨は1gとしているので適切な量が摂取できるようしっかりチェックをしておくことが大切です。

認知症の予防にもなってくれるDHA

高齢になってくると、物忘れなどがひどくなってきます。その中でも代表的な症状が認知症です。認知症になると、直前に行った事を忘れてしまい、それがエスカレートすると私生活でも影響が出てきます。しかしそれは、DHAを摂取し続けることで防ぐこともできるので、日頃からDHAを摂ることを意識して摂取し続けるとよいでしょう。

記憶を司る海馬を助けてくれるDHA

脳内で情報の伝達網となっているシナプスは毎日使われ続けてますが、このシナプスは細胞の膜が柔らかい状態でなければ本来の機能を発揮することができません。そこでDHAを摂取することで、神経を柔らかくさせ、シナプスの働きが活発になります。

広告募集中